ボブ・マーリーの名盤ランキング TOP5

ボブ・マーリー(Bob Marley)関連の全アルバム中、名盤としてリストされたポイントに基づく客観的ランキングを紹介します(ランクの詳細)。

レゲエの先駆者として知られ、ジャマイカ音楽を代表するボブ・マーリーは、Rolling Stone 誌の「100 Greatest Artists of All Time」の 11 位にランクインしている世界的人気ミュージシャンです。
ウェイラーズ、ボブ・マーリー&ザ・ウェイラーズ名義での活動も有名です。

そんなボブ・マーリー関連の作品中で特に高く評価されている名盤は以下のとおりでした。

5位:Bob Marley & The Wailers『Natty Dread(ナッティ・ドレッド)』

1974年発表の作品です。

この作品に収録されている曲「No Woman, No Cry」は高い人気を誇ります。

4位:Bob Marley & The Wailers『Uprising(アップライジング)』

1980年に発表された生前最後のアルバムです。

「Redemption Song」はボブ・マーリーの最も評価の高い楽曲です。

3位:The Wailers『Catch A Fire(キャッチ・ア・ファイア)』

1973年発表のメジャー・デビュー・アルバムです。

2位:Bob Marley & The Wailers『Legend(レジェンド)』

1984年に発売され、世界的に大ヒットしたベスト・アルバムです。
14曲中5曲は1位のアルバムから選曲されています。

1位:Bob Marley & The Wailers『Exodus(エクソダス)』

1977年発表作。暗殺未遂事件を受けてロンドンに移住したボブ・マーリーが、ブルース、ソウル、ブリティッシュ・ロック、ファンクの要素を取り入れた作品です。
このアルバムは商業的にも批評的にも大きな成功を収めています。

「Waiting In Vain」は数ある名曲の1つです。