チャールズ・ミンガスの名盤ランキング TOP5【名盤ナビ】

チャールズ・ミンガスの名盤ランキング TOP5

※当サイトは、商品またはサービスの紹介・適格販売により収入を得るアフィリエイトプログラム(Amazonアソシエイトなど)に参加しています。詳細...

スポンサーリンク

チャールズ・ミンガス(Charles Mingus, 1922-1979)は、人種差別反対運動でも知られるアメリカのジャズの巨匠です。ベーシストとして最高峰の評価を受けているだけでなく、ボーカルやピアノを担当することもあり、その音楽は後世に多大な影響を与えています。

ミンガスは多数のアルバムを残していますが、そのなかでも特に名盤として名高いアルバム5枚を紹介します。

このランキングは主観で選んだものではなく、海外サイトで音楽誌やリスナーにより名盤リストに挙げられたポイントの総計に基づいています(詳細)。

スポンサーリンク

5位:『Let My Children Hear Music(レット・マイ・チルドレン・ヒア・ミュージック)』

1972年発表作。「The Shoes Of The Fisherman’s Wife Are Some Jive Ass Slippers」や「Hobo Ho」などの名曲が収録されています。

Sbme Special Mkts.
\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場

4位:『Blues & Roots(ブルース&ルーツ)』

1960年発表作。「Moanin’」などの名曲が収録されています。

Essential Jazz
\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場

3位:『Pithecanthropus Erectus(直立猿人)』

1956年発表作。アトランティック・レコードと契約した最初の作品で、ジャズに物語的要素を持ち込み名声を高めた名盤です。

ワーナーミュージックジャパン
\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場

2位:『Mingus Ah Um(ミンガス・アー・アム)』

1959年発表作。人種差別に抵抗するメッセージ性の強い「フォーバス知事の寓話」だけでなく、「グッドバイ・ポーク・パイ・ハット」などの名曲も収録されています。

\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場

1位:『The Black Saint And The Sinner Lady(黒い聖者と罪ある女)』

1963年発表作。ミンガスの最高傑作というだけでなく、史上最高のジャズ・レコードの1枚に挙げられることも多い名盤です。

\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場

関連記事