フィッシュマンズの世界的評価が信じられないほど高いワケ

世界で評価される日本の名盤ランキングをまとめていたら、フィッシュマンズの世界的評価がますます高まっていることに気づきました。

世界の史上最高の名盤ランキングの元データである Best Ever Albums でも、『Long Season』(1996)が日本のアーティストで最高の327位、最後のライブを収めた『98.12.28 男達の別れ』(1999)が354位と上位に食い込んでいます。

英語の Fishmans Wiki まで作成されているほどで、その人気の広がりは日本以上かもしれません。

この記事では、フィッシュマンズがどのようにして世界で人気を獲得し、どう評価されているのかを紹介したいと思います。

スポンサーリンク

Wikipediaでのフィッシュマンズの説明より

フィッシュマンズの英語版 Wikipedia は日本語版以上に長文で細かく歴史が紹介されています。

これによると、オンラインのミュージック・コミュニティー、掲示板などで注目されたことがきっかけで徐々にカルト的な人気を誇るようになっていったようです。

The Japan Times』誌の2019年の記事(有料)でも取り上げられ、そこでは、『空中キャンプ』と『Long Season』は “are now undisputed landmarks in the Japanese rock canon”(拙訳:今や日本のロック界において議論の余地もないほどのランドマーク的作品である)とまで書かれています。

2011 年の Fishmans+ というプロジェクト(作品:『A Piece of Future』)では、世界的な評価も高いコーネリアスや坂本龍一、石野卓球らがかかわったこともあり、世界での認知に一役買ったことでしょう。

2018年には Spotify、iTunes、YouTube などでフィッシュマンズのすべての楽曲が無料ストリーミングできるようになり、これを機に北米やヨーロッパを中心にファンが増えたことが記述されています。

YouTubeのコメントより

YouTube の『Long Season』の動画には以下のようなコメントがついています(拙訳、抜粋)。

このアルバムにたどり着くことができる時代に生まれてよかった

素晴らしいアルバム。でも聴くたびにトイレに行きたくなる

人生で最も短く感じる35分

最後の5分間は音楽史上最高のカタルシスの形

音楽の最高の到達点の一つ

『98.12.28 男達の別れ』の動画のコメントはこんな感じです。

あまりの素晴らしさに感動して泣いた。完ぺきな曲。

史上最高のライブが、日本の無名バンドのものだったというのは、ちょっと面白い

暗闇から救い出し、生きていてよかったと思わせてくれる、数少ないレコードの一つ。

これらのコメントをみると、ツボは少し異なるかもしれませんが、日本のファンが感じるのと同じような感覚でフィッシュマンズの素晴らしさが理解されているようです。

Amazon.com より

『Long Season』の米国 Amazon のレビューを見ると、ビートルズ、ピンク・フロイド、ヴェルヴェット・アンダーグラウンドやピクシーズの名盤に肩を並べる作品との声もあります。

日本のファンのコメントでレディオヘッドに引けを取らないという評価をどこかで見た記憶がありますが、海外の人にとっても本当にそのレベルで受け止められているようです。

また、最後のライブを収めた『98.12.28 男達の別れ』は、その後に聴くべきベスト・アルバム的存在とみられているようです。

他には、Rate Your Music という海外サイト(こちら)でオールタイムのベスト・ライブ・アルバムと評されていたことでフィッシュマンズを知ったというコメントもありました。

調べてみると、こちらのサイトではベスト・ライブ・アルバム(2位はボブ・ディランの伝説のライブ・アルバム…)としてだけでなく、オールタイムの名盤アルバム・ランキングの 17 位としても『98.12.28 男達の別れ』が位置付けられていました!

参考 オールタイム名盤ランキングTOP25(RYMベース)

Rate Your Music は北米、英国、西欧などを中心に 2020 年時点で 66 万人以上のユーザーを抱える人気の音楽コミュニティであり、ここでフィッシュマンズに関心を持つ人は少なくないでしょう。

それにしてもスゴい高評価です。今後もこうしてファンを拡大していくに違いありません。

ちなみに Amazon の統計によるこのアルバムが好きな人へのお勧めとしては、以下のバンドのアルバムが挙げられていました。

レディオヘッド、ビョーク、Nujabes、ポーティスヘッド、Neutral Milk Hotel、My Bloody Valentine

フィッシュマンズの音楽は唯一無二ですが、たしかにこうしたバンドの名盤とも少し通じるものがあります。

これだけ世界で評価されているフィッシュマンズ。もし日本人でまだ聴いたことがないという方は、チェックしてみてはいかがでしょうか。
当時の日本で売れなかったように一般の J-POP を好む層に受ける音楽ではありませんが、これまで体験したことのない、心を奪われる不思議な音楽体験が得られるかもしれません。

フィッシュマンズのお勧めアルバム

フィッシュマンズにはいろいろな作品があるので、特に注目すべき作品をかんたんにご紹介します。
これからフィッシュマンズを聴くのなら、日本人に最もお勧めなのは、世田谷三部作の1作目、『空中キャンプ』です。
この作品は、日本で邦楽の名盤ランキングなどを特集すると必ず上位に入る作品です。名曲「ナイトクルージング」が収録され、日本のファンに最も愛されているアルバムと言えるでしょう。
こちらは高音質な SHM-CD バージョンを含め、入手しやすい作品です。

世界で評価されているのは世田谷三部作の2作目『LONG SEASON』ですが、こちらはインストゥルメンタルのみの時間が長く、私は気に入りましたが苦手な方も多いかもしれません。

最後はやはり、世界でも評価の高い 2 枚組のライブ・アルバム『98.12.28 男達の別れ』です。
こちらはライブ・アルバムですがベスト・アルバムのような選曲で、なおかつ演奏も最高です。『空中キャンプ』からは「ナイトクルージング」を含む 2 曲が収録され、ラストは1曲で40分を超える「LONG SEASON」です。

このライブ・アルバムを最初に聴いてももちろん素晴らしいのですが、アレンジが大きく異なるため、オリジナル・バージョンを聴いた後に聴くほうがどちらかというとお勧めです。

ただ問題もあり、この作品は近年の人気高騰によって入手困難になっています。

『98.12.28 男達の別れ』の入手方法

ここでは、『98.12.28 男達の別れ』を聴く方法をご紹介します。

CD/DVD を購入する

CD は現在新品では販売されておらず、中古でもほとんど在庫がないか、プレミア価格で販売されています。ときどき Amazon やメルカリで見かけることもあります。高音質な SHM-CD バージョンは見たこともありません。

一方、同じライブの映像を含む DVD バージョンは通常価格で新品を購入可能です。

ストリーミングで聴く

『98.12.28男達の別れ』の動画や音源は現在、YouTube でもだいたい聴くことができます。ただし削除される可能性もあるでしょう。

Spotify なら、広告が入りますがこちらから聴くことができます。

LINE MUSIC や Amazon Music Unlimited、Apple Music でも、有料会員になればすべて聴くことができます。

ダウンロード購入する

ストリーミングは聴けなくなることもあるため、デジタル・データを手元に残しておきたい場合、ダウンロード購入がお勧めです。
『98.12.28男達の別れ』は、こちらのリンクから iTunes Store に移動してダウンロード購入することもできます。

Amazon でも、以下から「アルバムを購入」でデータをダウンロード購入することができます。1曲ずつ購入することもでき、40分超の「LONG SEASON」が1曲250円なら超お得!と思ったのですが、長い曲は単品購入できないようです。。

関連 世界で評価される日本の名盤ランキングTOP13【邦楽の名盤アルバム】