史上最高の名盤ランキング TOP 100【全ジャンル】

これまでに発表された全アルバムのうち、現時点で世界的に最も評価されている名盤とは? 海外サイトで音楽誌やリスナーにより名盤リストに挙げられたポイントが最も高かったアルバムの上位 100 作品をご紹介します(ランキングの詳細)。

オールタイム・オールジャンルの名盤ランキングであり、すべて洋楽となっています(世界で評価される日本の名盤はこちら)。

1位:『OK Computer(OK コンピューター)』Radiohead(レディオヘッド)

1997年発表。3作目にして、聴きやすさと完成度のバランスが取れた名盤です。

2位:『The Dark Side Of The Moon(狂気)』Pink Floyd(ピンク・フロイド)

1973年発表。驚異のロングセラー作品。ちなみに一番評価の高いトラックは、4曲目の「Time」です。

3位:『Abbey Road(アビー・ロード)』The Beatles(ビートルズ)

1969年発表。ビートルズで一番評価の高いアルバムはこれです。飾りたくなるジャケットですが中身も高い評価を受けています。

4位:『Revolver(リボルバー)』The Beatles(ビートルズ)

1966年発表。各メンバーがそれぞれ素晴らしい働きをしています。4位『アビー・ロード』とのポイント差はほとんどありません。

5位:『Sgt Pepper’s Lonely Hearts Club Band(サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド)』The Beatles(ビートルズ)

1967年発表、世界初のコンセプト・アルバムです。ローリングストーン誌の選ぶオールタイムベストアルバムでは第1位に選出されています。ちなみに、曲単位で最も高い評価を受けているビートルズの曲は、これに収録されている「A Day In The Life」です。

6位:『Kid A(キッド A)』Radiohead(レディオヘッド)

2000年発表。『OK Computer』発表後に高い期待を受けて発表された問題作。当時高校生だった管理人が受験勉強をさぼってまでライブに行った、思い入れのある名盤です。

7位:『Nevermind(ネヴァーマインド)』Nirvana(ニルヴァーナ)

1991年発表。グランジ、オルタナティブ・ロックをメジャーにした、90年代を代表する名盤。

8位:『Funeral(フューネラル)』Arcade Fire(アーケイド・ファイア)

2004年発表。2000年以降を代表するバンドの1st。デヴィッド・ボウイが絶賛したのも納得のこの作品は、『ジギー・スターダスト』を上回るほどの評価を受けています。

9位:『Led Zeppelin IV(レッド・ツェッペリンⅣ)』Led Zeppelin(レッド・ツェッペリン)

1971年発表。レッド・ツェッペリンの数多くの名盤の中でも、「Stairway To Heaven(天国への階段)」を含む本作が最も高い評価を受けています。

10位:『Velvet Underground & Nico』Velvet Underground & Nico(ヴェルヴェット・アンダーグラウンド・アンド・ニコ)

1967年発表。発表当時は売れなくても、数々のアーティストに多大な影響を与えた名盤。

11位:『White Album(ホワイト・アルバム)』The Beatles(ビートルズ)

1968年発表。2枚組です。ジョージ・ハリスン作詞作曲の名曲「While My Guitar Gently Weeps」が収録されています。

12位:『Wish You Were Here(炎~あなたがここにいてほしい)』Pink Floyd(ピンク・フロイド)

1975年発表。『狂気』の次に作成されたアルバムです。名曲「クレイジー・ダイアモンド」が収録されています。

13位:『Pet Sounds(ペット・サウンズ)』The Beach Boys(ザ・ビーチ・ボーイズ)

1966年発表。ビートルズと影響を与え合ったポップ・ロックの名盤。ローリングストーン誌の選ぶオールタイムベストアルバムでは第2位に選出されています。「神のみぞ知る(God Only Knows)」はポール・マッカートニーが「今まで聴いた中で最高の曲」とまで言った名曲です。最近はステレオ・バージョンも発売されており、一聴の価値があります。

14位:『London Calling(ロンドン・コーリング)』The Clash(ザ・クラッシュ)

1979年発表。パンクを代表する名盤。

15位:『In Rainbows(イン・レインボウズ)』Radiohead(レディオヘッド)

2007年発表。『Kid A(キッドA)』以降の作品で最も高い評価を受けています。

16位:『The Bends(ザ・ベンズ)』Radiohead(レディオヘッド)

1995年発表の2作目。『パブロ・ハニー』よりもずっと洗練され、3作目の『OK Computer』よりわかりやすい名盤だと思います。

17位:『The Rise And Fall Of Ziggy Stardust And The Spiders From Mars(ジギー・スターダスト)』David Bowie(デヴィッド・ボウイ)

1972年発表。数々の名盤を送り出しているボウイですが、代表作はやはりこれです。ロックのあらゆる要素を含む多様な楽曲がものすごい完成度で凝縮されている名盤だと思います。

18位:『In The Aeroplane Over The Sea(イン・ザ・エアロプレーン・オーバー・ザ・シー)』Neutral Milk Hotel(ニュートラル・ミルク・ホテル)

1998年発表。発表当時は話題にならず日本では知名度が低い作品ですが、アーケイド・ファイアやフランツ・フェルディナンドが影響を受けたインディー・ロックの名盤です。アコースティックなサウンドなのにサイケデリックで疾走感もある、情熱的な作品です。詳細は別の投稿「日本で過小評価されているにも程があるニュートラル・ミルク・ホテルの名盤」で取り上げています。

19位:『Doolittle(ドリトル)』Pixies(ピクシーズ)

1989年発表。長く著名アーティストに影響を与え続けている名盤。緩急の使い分けがすごいと思います。

20位:『Highway 61 Revisited(追憶のハイウェイ61)』Bob Dylan(ボブ・ディラン)

1965年発表。「Like A Rolling Stone」はフォーク・ロックだけでなくロックを代表する名曲です。ローリングストーン誌の選ぶオールタイムベストアルバムでは第4位に選出されています。「Ballad Of A Thin Man(やせっぽちのバラッド)」や「Desolation Row(廃墟の街)」という曲も高評価を得ています。