ボブ・ディランの高評価を受ける名盤ランキング TOP5

ノーベル賞まで受賞したボブ・ディラン(Bob Dylan)は、現在、個人として史上最も高い評価を受けているアーティストです。音楽性を変えながら数々の名曲・名盤を残しているディランは、どのアルバムから聴くべきか悩ましいところがあります。

ここでは、海外サイトで音楽誌やリスナーにより名盤リストに挙げられたポイントの総計に基づいて(詳細)、ディランの特に評価の高い名盤をランキング形式で紹介したいと思います。

5位:『The Freewheelin’ Bob Dylan(フリーホイーリン・ボブ・ディラン)』

1963年発表。名曲「風に吹かれて(Blowin’ In The Wind)」から始まる初期の名盤です。

4位:『Bringing It All Back Home(ブリンギング・イット・オール・バック・ホーム)』

1965年発表。ディランがロックを始めた1作目。フォーク・ロックの名盤です。

3位:『Blood On The Tracks(血の轍)』Bob Dylan(ボブ・ディラン)

1975年発表。内省的な内容ながら大ヒットしたアルバムです。

2位:『Blonde On Blonde(ブロンド・オン・ブロンド)』

1966年発表。「I Want You」などの名曲が収録されています。

1位:『Highway 61 Revisited(追憶のハイウェイ61)』

1965年発表。「Like A Rolling Stone」はフォーク・ロックだけでなくロックを代表する名曲です。

ローリングストーン誌の選ぶオールタイムベストアルバムでは第4位に選出されています。「Ballad Of A Thin Man(やせっぽちのバラッド)」や「Desolation Row(廃墟の街)」という曲も高評価を得ています。