2017年にリリースされた洋楽の名盤ランキング TOP 10

2017年に発表された全アルバムのうち、現時点で世界的に最も評価されている名盤とは? 海外サイト*で音楽誌やリスナーにより名盤として挙げられたポイントが最も高かったアルバムの上位 10 作品をご紹介します。2018/4月時点での集計結果です。

*Best Ever Albums:音楽誌やユーザーの名盤リストをポイント化し集計している英語のサイトです。

10 位:Crack-Up(クラックアップ)/Fleet Foxes(フリート・フォクシーズ)

アメリカ・シアトル出身のフォーク・ロックバンドの3rdアルバムです。壮大で美しいコーラスが特長です。

9 位:Sleep Well Beast/The National

坂本龍一とコラボしたこともある米国インディー・ロック・バンドの 7th アルバムです。

8 位:Slowdive/Slowdive(スロウダイヴ)

イギリスのオルタナティブ・ロックバンドによる、22年ぶりとなる4thアルバムです。

7 位:Saturation III/Brockhampton

ハイペースで作品をリリースしている注目のヒップホップ・アーティストです。

6 位:American Dream/LCD Soundsystem

アメリカ・ニューヨークを拠点とするダンス・パンク・バンドの作品です。

5 位:A Deeper Understanding/The War On Drugs

アメリカ・フィラデルフィア出身のインディー・ロックバンドの作品です。

4 位:A Crow Looked At Me/Mount Eerie(マウント・イアリ)

妻の死をテーマにした作品。

3 位:Flower Boy(フラワー・ボーイ)/Tyler, The Creator(タイラー・ザ・クリエイター)

ビルボード初登場 2 位と話題を呼んだヒップホップ・アーティストの作品。

2 位:Melodrama/Lorde(ロード)

今後も期待されるニュージーランドのシンガー・ソング・ライターの 2 作目。

1 位:DAMN./Kendrick Lamar

アメリカ・コンプトン出身のラッパーであるケンドリック・ラマーの作品です。歌詞も重要なので国内盤がお勧めです。

シェアする

フォローする